過払い金返還請求は完済後の借金に対しても可能?

占い師のを子どもと一緒 > ピックアップ > 過払い金返還請求は完済後の借金に対しても可能?

過払い金返還請求は完済後の借金に対しても可能?

2015年2月 3日(火曜日) テーマ:

消費者金融などの貸金業者からお金を借りたことがある人は、

過払い金返還請求で払いすぎた利息を取り戻すことが可能です。

 

 

この取り戻すことができる人の資格は、

現在貸金業者から借金をしている人だけではありません。

 

 

 

過去に貸金業者から借金をして、

現在は全額返済して完済している人でも問題ありません。

 

そもそも過払い金請求とは、

貸金業者が利息制限法を超えた利率で支払った利息を取り戻すためのものです。

 

 

 

具体的に説明すると、貸金業者が取りすぎた

利息を返してもらうための請求ですから、

返済中であるとか完済しているだとか、そんなことは関係ないのです。

 

つまり過払い金返還請求は、現在の状況に関係なく

過去に貸金業者で借金をしていたら、請求することができます。

 

 

 

ただし、一つだけ気を付けなければいけないことがあります。

 

それは、消滅時効についてです。

 

返還請求をできるのは、最後に借金の返済をしてから10年以内です。

 

 

 

最後の返済をした日付から10年以上経っていると、

すでに時効になっているので残念ながらできません。

 

もうすぐ最後の返済をしてから10年になるという方は、

一刻も早く請求の手続きを開始しましょう。

 

 

 

過払い金返還請求は、個人でおこなうことも可能です。

 

しかし、実際に個人で手続きは非常に面倒で時間もかかります。

 

スムーズかつ楽に取り戻すなら、

弁護士などの専門家に依頼すると良いでしょう。

 

このような夫に借金がバレたくない主婦などのケースでも過払い金が有効になるケースは多いです。

 

 

過去に何度も請求をしている弁護士なら、スムーズに取り戻すことができます。

弁護士に相談すると、料金が心配になるかもしれません。

 

しかし、多くの弁護士事務所では初回の相談料は無料なので、

安心して相談することが可能です。

 

 

 

また報酬についても、取り戻した金額から支払うことになります。

 

手元のお金が減るわけではないので、

この点でも安心して相談することができるでしょう。

 

返還請求ができるか自分では分らない人も、

とりあえず無料の弁護士に相談だけしてみるのもと良いかもしれません。



関連記事

過払い金返還請求は完済後の借金に対しても可能?

過払い金返還請求は完済後の借金に対しても可能?

2015年2月 3日(火曜日)

テスト

テスト

2014年9月23日(火曜日)